鼠先輩とは

鼠先輩は、パンチパーマにスーツと言った「チンピラ風」の容姿がトレードマークの歌手兼お笑い芸人です。
鼠先輩はそもそも音楽家を目指して、歌謡曲中心のボーカル教室に通い、高校時代からはバンドも組み活動していました。
ところが鼠先輩は音楽家としての才能を見出せず、挫折し上京したのです。鼠先輩が東京に来てから就いた職は、AV製作(監督)が有名です。
その後鼠先輩は芸能界入りし、念願であった歌手として『GIROPPON』というCDを発売しました。
鼠先輩のデビュー曲より以前に、YOU TUBEなどでは鼠先輩の映像が多数アップされ、話題になっています。
鼠先輩は最近、『純情ぽっぽ。』という自叙伝本を出し、貧乏暮らしの生活が話題となっています。

鼠先輩の過去

鼠先輩(ねずみせんぱい)とは芸名であり、岡山県出身の歌手そしてお笑い芸人です。
鼠先輩は、中学の頃に「歌手になりたい」という夢を抱き、高校生の頃にバンド活動を始め「スペルマギャング」というバンド名までつけたものの、才能のなさに気づき、断念するのです。
鼠先輩はその後岡山から上京してきますが、定職に就くことはありませんでした。
鼠先輩が就いた職業の中で最も話題になっているものは、成人向けの作品を制作し、また自身も出演していたということです。
また鼠先輩が当時製作していた作品は現在でも入手することができ、更に話題を呼んでいます。
鼠先輩は『六本木-GIROPPON-』で紅白出場を狙っているらしいです。

スポンサードリンク